ブログネタ:あなたの“コーヒーの思い出”教えてください! 参加中


子供の頃コーヒーは何か大人の飲み物という意識があったものです。


子供の頃私は飲む物といったらもっぱらコーラ(^O^)
あの頃は今みたいにカロリーゼロのコーラ等なくカラメルの入った甘~いコーラをがぶがぶ飲んでコーヒー等見向きもしませんでした。



・・・ではいつコーヒーデビューしたかというと









19才になった時ですo(^-^)o




一つ勘違いをしていただきたくないのですが自動販売機で売ってる甘~いコーヒーは16才の頃に飲んだ事ありますがそれは私の中ではジュースと同じカテゴリーなので省かせていただきますm(__)m


では19才のコーヒーデビューというのは喫茶店でのブラックコーヒーです☆


友人と二人で喫茶店巡りをしてどこのコーヒーが自分に合ってるか!とかコーヒーカップのお洒落なお店はどこか!など地元の喫茶店を渡り歩いたもんです♪


約5万人の人口の町に私が知ってる喫茶店だけで20ヶ所位はあるのです。
多いですよねー(^O^)

休日の度に喫茶店に行ってはコーヒーを頼み時にはモーニングや喫茶店ごとに異なるオリジナルメニューを頼んだりして一日で3ヶ所位は回ってましたo(^-^)o



あの頃はそれが楽しみで仕方ありませんでした♪


今も地元に帰ればその友人とは会って喫茶店に行ってコーヒーを飲みながら若い10代の頃の会話やお互いの今の状況などいろいろ語り合ったりしてます☆


若い時の出来事や記憶や思い出はやっぱり今の自分には必要なものでそれを思い出させてくれるコーヒーはなくてはならないものですねー(#^.^#)
それに喫茶店のコーヒーはお店ごとに独特の雰囲気があってカフェとはまた違ったコーヒーが味わえますよo(^-^)o




あと今年その友人と行ったお店で変わったメニューがあるのでそれも一応紹介します。






異人館という喫茶店です。






珈琲ぜんざい☆

このお店だけのオリジナルメニューです。



なみなみと注がれたほろ苦いコーヒーの1番底につぶ餡がたっぷり入っていて白玉にアイスが入ったものです。






餡とコーヒーが意外に合っていてとっても美味しいですよ。
つぶ餡も上品なあっさりした餡なので甘々な感じにならないしコーヒーがブラックに近いコクのあるコーヒーなので味を引き締めてくれます。


アイスが溶けるにつれてほろ苦いコーヒーから甘いミルクコーヒーの様になるので一つで二種類のコーヒーの味を楽しめますよ(^O^)/



このぜんざいは来年帰った時にもう一回行こう!とその友人と約束しましたo(^-^)o


またまたこの歳になってまでコーヒーの思い出が出来ましたo(^-^)o



第10回UCCコーヒーストーリー大賞



第10回UCCコーヒーストーリー大賞